サモエドの すずまる だよー!よろしくねー♪


by suzumaru-1110

<   2010年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今日は大晦日、お正月用の器を慌てて出してます。


d0149103_817239.jpg


もー姉ちゃん、それってお手伝い?

そこに入ってると出せないと思うんだけど。


d0149103_821798.jpg


『えっ?あのっ、そのっ。。。かか様は慌て者やけ、違う御椀出しとらんか調べとったと。』


d0149103_8252899.jpg


ふーん、ちょっと疑わしいけど、まっ、じゃあもー姉ちゃんにチェックはお願いするわ。

『。。。。。』




d0149103_8282543.jpg


今年も家族揃って年越しをする事が出来ます。

これがやっぱり一番♪

そして皆様に仲良くして頂き、楽しい一年が過ごせました事、ありがとうございました。

来る2011年もよろしくお願い申し上げます。



d0149103_831533.jpg


『良き新年お迎え下さいませ。』
[PR]
by suzumaru-1110 | 2010-12-31 08:32 | 日記

サモサモ忘年会

日曜日、なーんにも進んでいない新年の準備を放ったらかして、出掛けたの。


どこに行くの?

有馬記念?


アタシ走るのは好きだけど、お馬さん相手じゃ、ちょっと辛いものがあるわ。





到着したのは、逆方向の浜松。





そしてランには、


d0149103_15543621.jpg


この日お招き下さった、マーシャちゃん



d0149103_15584031.jpg


リバーサイド以来のアルファ君



d0149103_15592116.jpg

(アルファ君 サラちゃん)
アルファ君の同胎サラちゃん帰る前にはサラちゃんがアタシに譲歩してくれたから、きっと次は仲良く遊べるわ~。

サラちゃん、ごめんね、そしてありがとう(^O^)


d0149103_1621670.jpg


凛とした顔立ちの美サモ れいちゃん



d0149103_1635125.jpg


毛吹きが立派で、愛くるしい、まるでぬいぐるみさんのハク君。



d0149103_1632652.jpg


d0149103_1645530.jpg






d0149103_1665238.jpg


自分のじゃないのに、ボールを守って般若顔のアタシ。

アルファ君ごめんなさーい。



d0149103_1675127.jpg


サラパパさんママさんに、極楽マッサージしてもらったの。



ウチの二人もアタシも、とびきり楽しい時間でした。

企画して下さったデェコンさん、ご一緒した皆様、ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いしますなの。
[PR]
by suzumaru-1110 | 2010-12-27 16:10 | 日記

イヴなのに

d0149103_14322082.jpg


今年は家族揃ってのクリスマスイヴなのに、ちょっと大掃除したら疲れて、

それらしい事はしないんだって。ちぇっ。

食材買い込んでるのに、どうすんの?


d0149103_14354718.jpg


d0149103_1435126.jpg


ケーキだけは予約してあったからね。


d0149103_14365525.jpg


d0149103_1437960.jpg


とと様待ってるんですけど~~~。


d0149103_1438057.jpg


d0149103_14381759.jpg



苺食べてお終い。



とと様はケーキを三分の一食べるって言って、怒られたのでした。

それでも四分の一食べたんだよ。スゴッ。
[PR]
by suzumaru-1110 | 2010-12-25 14:41 | 日記

あれから4年

2006年12月23日 23時23分。

d0149103_13584099.jpg


オリーブが天国に旅立ちました。

今年と同じで、空は晴れ渡り、寒い日だったことをぼんやり覚えています。



10月末、主人が大きな脳腫瘍の摘出手術の為入院し、

私は朝一番の新幹線、帰りは23時近くの日々。

帰って出迎えてくれるオリーブともーちゃんが、心のよりどころでした。

二匹に囲まれて眠る僅かな少ない時間だけが、私自身の素顔に戻れる時間。

いつも張りつめて強がっていたので、その二匹の温もりに心が解されたことを覚えています。



主人の何度もの手術の後、ようやく退院の事を考えられるようになった頃、

オリーブはご飯を食べなくなりました。

朝病院にオリーブを預け、帰りに連れ帰る日々。

どんどん衰弱し、全くご飯を食べず、チューブで流動食を与えても吐いてしまいます。

ずっと側に一緒に居てあげたくても、主人の病院にも私以外行く人が居ません。

洗濯など細々とした事やら、聴こえない主人の為に、色々説明も受けなくてはなりません。



寂しがり屋のオリーブを大嫌いな病院に預け、治療をしてもらいながらの日々が続きました。



そして18日、主人が退院。



喜んだオリーブ。


でも病状は良くなる事は有りませんでした。


d0149103_141821100.jpg



いたずらっ子で、食いしん坊、盗み食いも得意のオリーブ。

一緒に小倉の町を散歩し、旦過市場では果物屋さん、魚屋さん、肉屋さんに挨拶し、
酒屋さんでお水をもらうのが日課だったオリーブ。

悲しい時、嬉しい時、いつも側に居てくれたオリーブ。

私と一緒に飛行機に乗って静岡に来たオリーブ。



来月には4歳のお誕生日を祝うはずだったのに、逝ってしまいました。





d0149103_1426641.jpg


d0149103_14262242.jpg


普段は仲が悪かったもーちゃんとオリーブ。

でも夜中には二人でこっそり盗みを働いていました。


高いところにあるオヤツをもーちゃんが引っ張り出し、

オリーブが袋を破る共同作業。



そして今、もーちゃんがオリーブの花を食べてます。


どんな顔して見てる?

ねぇオリーブ?
[PR]
by suzumaru-1110 | 2010-12-25 14:30 | ネロリの小部屋

レイクベイク

d0149103_32422.jpg


この前来た時は時間が無いので、パンを買っただけ。

でもこの日はゆっくりと立ち寄ったの。


d0149103_3253373.jpg


d0149103_3255113.jpg


テラスはアタシもOK



そして正面には、

d0149103_3262670.jpg


河口湖と富士山。

富士山は静岡側、山梨側とお互いに自分たちの方が綺麗に見えるって言ってるらしいけど、

オババは山梨側の方が好きなんだって。

静岡側からだと、噴火の後がアバタに見えるから山梨が良いんだって。

でもウチの近所ではそんな事言えないわね。睨まれちゃう。





d0149103_3273652.jpg


本当に景色が良いの。

(アタシはいつもオババにこうやって甘えるのよ)






d0149103_32937.jpg


店内で買ったパンを温めて出してくれます。

(パン以外に飲み物しかメニューが無いのが、ちょっと寂しいけど)

ホットチョコレートは美味しかったんだって。


d0149103_3304398.jpg


そして何より美味しかったのが、このサービスで出された食パンの耳!

サクサクしててデニッシュみたい。

d0149103_3315429.jpg


アタシは自他共に(?)認めるパン好きなのよ。

早く頂戴!

d0149103_3323251.jpg


ああっ、美味しいー。

デニッシュみたいって事は、カロリーが気になるところだけど、ちょっとだけだから良しとして。






d0149103_3384869.jpg


お店の周りには遊歩道が有るの。


d0149103_3393111.jpg


はしゃぎ過ぎたアタシは、この後側溝に片足落ちちゃった。

歩くとペタペタと足跡が付くの。



って事でお後がよろしいようで。。。。チャチャチャンチャン
[PR]
by suzumaru-1110 | 2010-12-15 03:41 | 日記

甘えん坊さん

代筆屋がサボるから、ちょっと時間が開き過ぎちゃったけど、

お誕生日会のお話ね。






この日確信したのは、皆甘えん坊さんだってこと。

アタシの事をとと様はそう言うけど、たけるも天青君もマーシャちゃんも同じ。

ちょっとでも家族の誰かがランから出て行くと、皆心配で仕方ないみたい。

d0149103_36890.jpg


お姉ちゃんに乗られて、たけるったら嬉しくって仕方ないって表情でしょ?!

それにしても、リアル「もののけ姫」みたいね。

犬神様みたいに怖そうじゃないけど。



d0149103_313377.jpg


d0149103_3147100.jpg


マーシャちゃんも好き好きトーサン♪



皆とても大切にされて、幸せってことよね~。


d0149103_3161639.jpg


また近い内に皆で遊びましょうね!

たけるのお父さんも今度こそ一緒にね!



そしてずっとずっと一緒にお誕生会してもらおうね!





たけるのお家から、沢山のお菓子や素敵なプレゼント(それは今度ご紹介しますね)、

マーシャちゃん家からも、美味しいおやつを頂いたの。


お写真が無くてごめんなさい。

撮る前に、美味しく頂いちゃいました。

ありがとうございました♪
[PR]
by suzumaru-1110 | 2010-12-15 03:22 | 日記

裾野でお誕生会

たけるとアタシが元気に誕生日を迎えたお祝いをしてもらったの。

d0149103_14274514.jpg


たけるは毛吹きも立派で、男の子らしくなったわね。

d0149103_14283738.jpg


勿論天青君も一緒よ!




そして今年は、


d0149103_14305552.jpg


アタシたちの可愛い姪っ子マーシャちゃんも参加してくれたの。

遠いところをわざわざありがとうなのよ♪


d0149103_14322894.jpg


d0149103_14324546.jpg


d0149103_14332676.jpg


広々のランは、ほぼ貸し切り状態。


d0149103_14334624.jpg


たけるとアタシ。似てる?

d0149103_1436069.jpg


時にはお姉さん風吹かせて、ガゥッてやっちゃった。テヘッ。ごめんね。




d0149103_1437072.jpg


d0149103_14371659.jpg


マーシャちゃんのお得意ダンスも絶好調。



やっぱりサモエド同士で遊ぶのって最高ね!
[PR]
by suzumaru-1110 | 2010-12-07 14:39 | 日記

named after

d0149103_11344970.jpg


ここも毎年来ている

d0149103_11351575.jpg


駿河平の銀杏大通り。


d0149103_11354897.jpg


2.4キロの道沿いに銀杏が植えられてるの。

この時は未だちょっと時期が早かったかな~。

黄色の絨毯の上をお散歩したかったんだけど。




d0149103_11402437.jpg


花より団子の二人を連れて、ビュフェ美術館隣のカフェジオノ。

d0149103_11421650.jpg


d0149103_11423179.jpg





d0149103_11442947.jpg


ここクレマチスの丘は、自然に囲まれて、ゆったりお茶するにはぴったりね。




d0149103_11491566.jpg


この薔薇はベルナール・ビュフェって名前なんだそう。


d0149103_11521777.jpg


アタシも大豆とか納豆、おまんじゅなんかじゃなくて、

薔薇や綺麗でゴージャスなお花に「すずまる」ってつけて欲しいもんだわぁ。
[PR]
by suzumaru-1110 | 2010-12-03 11:55 | 日記

12月1日 箱根と熱海

d0149103_1074913.jpg


また箱根神社に参詣。

今日はオババが無事に一年過ごせたお礼に来たんだって。


アタシは中国からの参拝の方々に大人気。

でもあまりのモフモフと撮影に、逃げ出しちゃったのでした。







d0149103_10101733.jpg


d0149103_10103315.jpg


そして今年も熱海の梅園。


d0149103_10112455.jpg


やっぱり梅園は梅よりも紅葉の時期が良いと思う。

d0149103_10121192.jpg


d0149103_10132196.jpg


d0149103_10133518.jpg


d0149103_10135288.jpg


毎年同じ所で写真撮ってる気がするんだけど。。。

d0149103_10142472.jpg


まっ、綺麗だから良いよね。

帰ったら、ささやかな祝いの夕餉
[PR]
by suzumaru-1110 | 2010-12-02 10:25 | 日記

特別な一日

この1日で、ついに40歳。

確かに体は老化しているものの、もうそんな年になったとは今一つ実感が有りません。

頭の中は、未だ80年代(苦笑)




私は自分の誕生日が一年で一番好きな日と言っても過言では有りません。

誕生日が近づくだけで、ワクワクしてしまいます。

いいトシして、誕生日が嬉しいのも恥ずかしいような変な気もしますが、

これは両親が毎年喜んで、精一杯のお祝いをしてくれてた事に起因するのかもと、

ふと思いました。



私はとにかく体の弱い子でした。

生まれた時は臍の緒がぐるぐる巻きで半死状態、しかもその日に風邪を引いちゃって、

大きいのに保育器に入れられ、それ以後も高校生まで月の内半分は寝て過ごすような有様。

何度も冥途の橋を渡りそうになり、その度に両親を心配させたので、

また一年なんとか生き延びた誕生日は、それはそれは特別な日でした。


朝は赤飯と山菜おこわ(私は赤飯が嫌いで食べなかったので)を蒸す香りで始まり、

その日はとにかく私の好きな物だらけ。

洋服も何もかも新調され、お誕生日会を開いて友達を招き、プレセントも頂くと言う、

お姫様にでも成ったかのような一日でした。


幼い頃、とにかくよく転ぶ私は誕生日が近付くと、そっと歩きました。

新しい綺麗な洋服に、かさぶたの出来た膝や擦り傷の手は似合わないと思ったからです。

今思えば、もうその頃から特別な一日だと思っていたのでしょう。




12月1日。

それは両親が私を大切に育ててくれた記念日。
[PR]
by suzumaru-1110 | 2010-12-02 10:06 | ネロリの小部屋